シミ 種類 対策

シミの種類と対策について解説します。

自分のシミの種類を知り、正しいケアをすることで、より効果的にシミケアができます。

シミの種類と対策記事一覧

肝斑の特徴一般的に女性の顔に多くみられるシミの多くがこの肝斑です。褐色のシミが額や頬、目や口の周りに左右対称に現れるのが特徴です。また、目のまわりを避けて、目の下を縁取るように現れるケースもよく見られます。比較的広い範囲に、輪郭がはっきりしない形でモヤッと広がっているように見えます。妊娠、経口避妊薬などによって誘発、もしくは悪化するので女性ホルモンが関係しているのではないかと言われています。肝斑は...

ニキビやかぶれ、傷、火傷、虫さされなどの炎症が起きると、お肌は新しい細胞を作り、炎症によるダメージを回復しようとします。その時、表皮にあるメラノサイトが刺激をうけて、メラニンを過剰生成させてしまうことあります。このように過剰生成されたメラニンがうまく排出されず、肌内部に蓄積されてシミになったものを「炎症後色素沈着」といいます。私たち日本人は黄色人種で、黒色メラニンが多いため、炎症後色素沈着が目立ち...

正式には日光黒子で日光性黒子、老人性色素斑ともいわれています。一般的には、老人性色素斑という方が、なじみがあるでしょう。数ミリのものから数センチの大型のものもあり、長年、日に当たった部分の皮膚に生じます。淡褐色〜濃褐色の色素斑で、顔以外にも手、背、前腕、上背などの露出部に多いとされます。特に中年以降に増え、主に紫外線が原因とされています。早ければ30歳台で、多くは40歳以降に顔面・手背・前腕など日...

そばかすって、歌にもなるし、アニメの主人公とか、雑誌なんかではソバカスいっぱいのかっこういい外国人のモデルさんとかいてちょっとチャーミングなイメージを持つ人も少なくないと思います。私は、そばかすはないのですが、そういうものから、ちょっと憧れたりする気持ちも10代の頃ありましたね。でも、そばかすのある人からすれば、ソバカスは厄介なものかもしれません。そばかすは医学的には「雀卵斑(じゃくらんはん)」と...

加齢に伴い、肌色が黄色く、くすんでいく現象を黄ぐすみと言います。30台後半から、徐々に肌の黄みが強くなっていくことが多いようです。黄ぐすみの原因は一体何でしょう?糖化簡単に言うと、体内のタンパク質(コラーゲンなど)と食事などで摂取した糖が結びつくこと。血中のブドウ糖があふれ出し、加齢などによる代謝の低下が重なると、本来代謝されるべき糖が、体内のタンパク質に結びつくことを言います。糖化が起こるとによ...

page top